リクルートカードを1年使ってみた感想!

こんにちは!
ポイント生活をそれなりに楽しんでいるやまさんです。

今回はリクルートカードを使ってみた感想を書いてみたいと思います。


とは言っても、メインは楽天カードなんですけどね。

ではさっそく!
簡単に、リクルートカードのメリット・デメリットについて書いていきます。


メリット


①年会費無料!

いつまでも年会費無料です。


②ポイント還元率1.2%!


年会費無料でポイント還元率が1.2%というのは

他クレジットカードと比べると大きいですね。

たとえば

※還元率1%だと毎月1万円利用で
        1万円→100ポイント
             100×12カ月=1200ポイント

※還元率1.2%だと毎月1万円利用で
        1万円→120ポイント
             120×12カ月=1440ポイント

まぁこの程度の差です。
だが、それがいい

もちろん光熱費や携帯代等に加えて、普段のお買いもので利用すれば

ポイントの差額も大きくなって、お得になっていきますね!


Pontaポイントに等価交換可能!

リクルートカードを使用することで得られるリクルートポイントは

Pontaポイントに等価交換できます。

リクルートポイント1P = Pontaポイント1P

じゃらんポンパレモールホットペッパーなどの

リクルートのサイトでも使えます。

しかもポイント還元率も高く、ポンパレモールリクルートカード決済をすれば

トータルで4.2%(以上)もポイント還元されます。


もちろんPontaポイントに交換してローソンなどでも使用可能です!


ETCカードJCBなら手数料無料!

JCBブランドでETCカードを申し込むと

発行手数料・年会費無料で手に入れることができます。

VISA、Mastercardについては、年会費は無料ですが、

発行手数料が1080円必要になってしまいます。

ですがETCの利用金額もポイント還元率1.2%なので、

高速道路を良く利用する人にとっては

すぐに1080円分をポイントで取り返せると思います。

どうしてもVISAで欲しい!という人は、ですが・・・笑


電子マネーチャージもポイント対象!


ブランド毎でチャージできる電子マネーが違います。

VISA・Mastercard
nanaco
楽天Edy
モバイルSuica
SMART ICOCA

JCB
nanaco
モバイルSuica


楽天カードでは、VISAでnanacoにチャージができませんでしたが

リクルートカードではできます!

しかも1.2%と還元率が高い!

電子マネーをよくチャージする人であれば、お得感が倍増(0.2%)するかもですね。


では次に、僕が感じたデメリットを挙げます。


デメリット


ポンパレモールでのポイントの使い勝手?がそんなに良くない


基本的に僕はポンパレモールでポイント消化しています。

旅行に行くときとかは、じゃらんを利用してポイント消化していますが

頻度は旅行よりも圧倒的にポンパレモールですかね。


でもポンパレモールって、楽天市場なんかと比べて出店数が少ないんですよね。

そのため、商品価格をみれば楽天のほうが安いっていうのは多くあります。

いくらポイントでも、安いほうで買ったほうがいいよなー

と思うのは、僕だけではないと思います。たぶん。。。

そういった面では、まだまだこれからに期待するかなというところです。

まぁポイントだけならローソンでも結構使いますけどね。



②明細確認のアプリが使いにくい


リクルートカードの明細確認のアプリでは、支払い総額は見えますが

明細となるとWeb上で見なければいけないので

ちょっとめんどくさいかな?って感じです。

たとえば楽天と比べると、明細確認はもちろんですが

キャンペーンの登録もアプリからできてしまいます。

楽天のアプリが便利なだけかもしれませんが、やはり物足りないかなという感じです。



まだ書いていませんが、僕のメインは楽天カードとdカードゴールドです。

実はそうなのです。

ですので、リクルートカードはサブ的な感じです。

というわけで今回は、とりあえずこの辺にしておきますね。

ほんとにただの感想でしたね。笑


続きは次回、dカードゴールドを使用した感想!にて書きます。