生命保険と学資保険、どっちがいいの?

最近子供が生まれて、貯蓄用で新規保険を契約しました、やまさんです。

 

簡単ですが、今回FPの方に相談していろいろ聞いたことをまとめておこうと思います。

 

まず今回、保険の目的としては子供が将来大学や専門学校など進学する際、必要なお金を貯蓄しておきたい!

ということが一番でした。

 

子供・貯蓄といえば、学資保険ですよね。

僕も最初はそう思っていました。

 

◎保険を選ぶポイント

やっぱり貯蓄だけど、返戻率が重要ですよね!

・払戻率

・保険期間

・月々の保険料

僕はこの3点に重点を置いて探しました。

 

まぁ普通です、はい。

ただ子供のための学資保険だけど、生命保険もいいよ!

とFPの方から助言を頂きました。

 

◎学資保険の簡単なまとめ

いろいろな種類の保険があるので、この記事が古くなっていたら申し訳ありません。

①払戻率が決まっている

②受け取り方法が選べる

③契約者死亡の場合、保険料免除&満額受け取れる

まぁこんなところだと思います。

 

払戻率が決まっている

払戻率が決まっているというのは、払込期間や保険料によって決まっています。

つまり、ゴールが見えている契約ってことですね。

 

最終の受け取り金額を300万に設定するとしましょう。

30歳で15年間払込、21歳満期となると

15,995円 × 12ヵ月 × 15 =2,879,100円

つまり、15年間で2,879,100円払い込むと

300万円受け取れる。払戻率は104.1%となります。

 

4%増えてるからお得!となりますね。

 

受け取り方法が選べる

保険会社にもよりますが、受け取り方法が各社で違っています。

一括で受け取ることもできれば、大学進学に合わせて

4年間に分けて受け取ることもできます。

この辺りはみなさんの自由ですね。

ただ、分割で受け取る場合は税金を取られる場合があります。

この辺り詳しくはFPの方に聞いてみましょう。

 

契約者死亡の場合、保険料免除&満額受け取れる

これはまぁ保険の場合、すべて同じようなものですね。

ただこれが、僕が学資保険を選ばなかった理由となります。

 

◎生命保険の場合

生命保険と学資保険と比べてみると、生命保険のほうがいいんじゃね?

と思うようになりました。

主な理由として

①解約しなければ払戻率が増えていく

②払込期間によっても払戻率が変わってくる

③契約者死亡の場合、生命保険のほうが多く返ってくる

 

なんかよさそうじゃないですか?

まぁ最終は好みの問題ですけどね!

 

解約しなければ払戻率が増えていく

生命保険の場合、自分から解約しなければ毎年払戻率が増えていきます。

子供のための貯蓄ですが、将来のことはわかりませんよね。

進学しなかったり、その時の貯蓄で対応できたり、

保険を使わないで良い場合があるかもしれません。

結婚だったり孫が生まれたり、そういった時まで置いておけるのが魅力の一つだと思います。

その頃には、払戻率が高くなっているので、ラッキーですよね!

もちろん進学に合わせて解約したとしても、学資保険より払戻率が高いことが条件ですけどね!

 

保険期間によっても払戻率が変わってくる

これは知らなかったのですが、払込期間が長いほど払戻率が高くなります。

これは保険会社にお金を預けておく期間が長くなるためです。

保険会社は預けたお金を運用していますから、長期で預けてくれる人には払戻率が高いようです。

 

契約者死亡の場合、生命保険のほうが多く返ってくる

これは生命保険に入っていれば知っていると思います。

学資保険の場合、300万の契約であれば300万しか受取れません。

ですが生命保険の場合、300万の保障に対して、払込金は200万程度となります。

(この場合の解約金は200万となります)

この辺は簡単に書きましたが、万が一を考えた場合

生命保険で積み立てをしておくほうがいいんじゃないか?

と思い、子供ために生命保険を新規で契約しました。

 

結論

みなさんの生活やライフプランによって

どの保険にするかと言うのは変わってくると思います。

僕はどれだけお得に保険に入れるか!

それくらいしか考えていません…

でもそれくらいで良いんじゃないかなと、最近は思っています。

 

今回僕が聞いたことを書きましたが、毎年新商品が出ていますし

お得な情報も常に更新されていると思います。

とりあえずプロに相談することをおススメします!

 

将来のことを少しでも考えてもらえたらと思います(^^)